検索
  • 知識創造プリンシプル

『ダイナモ革新プログラム』プレイベントのご案内

更新日:6月22日


2022年2月開催の知識創造プリンシプルコンソーシアム設立式には、多数のご参加を賜りありがとうございました。(設立式の記事はこちら


その後も20名を超える経営者の皆さまから、各々の事業革新の取組みや変革実践に向けた課題について生の声を聞かせていただき、コンソーシアムの核となるプログラム検討を進めてまいりました。急速な環境変化への適応に苦労されている一方で、思い切った挑戦により独創的な価値を生み出している、知の構造改革によるトランスフォーメーションを実現されている先進企業もありました。


変化の時代において必要なことは何でしょうか。

我々は、物事をありのままに見つめ、枠にとらわれずに発想し、失敗を恐れずにトライアル&エラーをするビジネススタイルへの転換である、と考えます。新しい行動様式を経営者、社員とも身につける時は今をおいて他にありません。戦略やシステムではなくプリンシプルを変えるのです。


このたび『ダイナモ革新プログラム』をご提供させていただく一番の理由は、経営者同士の実践知の共有や対話を促進し、知識創造プリンシプルに基づく経営へのシフトを支援したい、変革の原動力となるダイナモ人財の活躍を後押ししたい、との思いからです。


プレイベントを通じてご体験いただければ幸いです。皆さまのご参加をお待ちしております。



概要
  • 開催日程:2022年7月5日(火)17:00-18:30

  • 開催形式:オンライン(ZOOMを利用)

  • 参加費:無料(事前登録制)

  • 参加対象者:経営者、プロジェクトオーナー、経営企画部門、事業部門長等

  • アジェンダ:以下参照

  • お申し込み:参加申し込みフォームにて



■ アジェンダ(予定)


1. オープニング 10分 コンソーシアムの活動とダイナモ革新プログラムの狙い

KCPC共同代表 荻原 直紀

2. 実践知の共有① 15分 事故のない世界やサービスを実現する会社への転換

イーデザイン損害保険株式会社 代表取締役社長 桑原 茂雄 氏

3. 実践知の共有② 15分 加工精度をコアとした技術展開で常識破りの製造業へ

由紀ホールディングス株式会社

代表取締役社長 大坪 正人 氏

4. 全体対話 30分 実践リーダーが示すプリンシプルの転換

KCPC理事/多摩大学大学院教授 紺野 登

5. プログラム紹介 15分 共創により未来を拓く! ダイナモ革新プログラムの概要

KCPC共同代表 仙石 太郎

6. クロージング 5分 今後の進め方

KCPC理事 古河 建規



登壇者

桑原 茂雄 氏 イーデザイン損害保険株式会社 取締役社長

1989年に京都大学経済学部卒業後、東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)入社。2015年よりビジネスプロセス改革部長として同社の業務改革を主導。2017年東京海上日動火災保険理事。2018年、イーデザイン損保の取締役社長に就任。『事故が起きてからではなく、事故が起きない世界』を目指し、顧客体験を第一に、保険会社からデジタルデータをフル活用したインシュアテック会社への転換を推進している。※知識創造プリンシプルの6Pのうち、桑原氏のPurpose、Passion、Partnershipを学びます

関連記事「インシュアテック企業」に生まれ変わったイーデザイン損保




大坪 正人 氏 由紀ホールディングス株式会社 代表取締役社長

2000年東京大学大学院工学系研究科産業機械工学専攻修了後、ベンチャー企業のインクス(現SOLIZE)に入社。ハードウェア責任者として世界最高速で金型を作る工場を立ち上げる。

2006年、父が経営する由紀精密に常務として入社。2013年に代表取締役社長に就任し電気電子業界から航空宇宙・医療関連へとビジネスの方向を転換。独自に開発部門を立ち上げ、10年間で売上4倍、航空宇宙・医療分野で全売上の7割という高付加価値の会社にする。2017年10月、とがった要素技術を持つ中小製造業の企業群の形成を目指し、12社の持ち株会社として由紀ホールディングスを設立し現職。

※6Pのうち、大坪氏のPerspective、Prudence、Placeに迫ります

関連記事:リアル下町ロケット「由紀精密」快進撃の裏側ーー第二創業で売上は4倍



 

ダイナモ革新プログラム(2022.8~)

プログラムの詳細はこちらのリーフレット(PDF)をご参照ください

A:プリンシプルフォーラム 経営者向けプログラム ※1)リアル開催 2)オンライン開催を予定 1)経営者同士の実践的対話の場 全6回(8月、9月、10月、11月、1月、2月)、2~3時間/回

  • 各経営者が自社の革新テーマを持ち寄り、お互いの実践に学びあいます

  • 組織に変革をもたらす知識創造のプリンシプルについて考察します

  • チャレンジ中のテーマや悩みについても共有し、解決策を検討し、クロスコーチングを行います

2)世界の有識者との対話 グローバル視点で知識創造プリンシプルを考える 全3回(9月、12月、3月)

  • 実践知を発揮してきた本物のイノベータ、思慮ある人々と対話します

  • 日・米・欧・亜の違いを超えて、普遍的なリーダーシップ、哲学を学びます

  • リーダーが直面する「価値判断(Judgment)」、「何が善いことか=思想・哲学」を議論します

概要 経営変革が遅々として進まないのはなぜでしょうか?

『プリンシプルを知識創造型に変えることなく、旧来のオペレーション型の組織マネジメントでBX、DX、GXを進めても本質的なトランスフォーメーションが起こらない』ためだと私たちは考えます。

本フォーラムでは『プリンシプルを変える』を念頭に、参加者同士が自社の変革実践を共有し、直接対話を通じて学びあう場を提供します。主役は経営をリードされる皆さまご自身です。露木恵美子教授(中央大学大学院ビジネススクール研究科長)、紺野登教授(多摩大学大学院ビジネススクール、KCPC理事)よりアドバイスをいただきながら進めます。


B:ダイナモブートキャンプ 社員向けプログラム ※リアル開催を予定 21世紀のビジネススキルである社会的問題解決力をメタレベルで学ぶ 全5回(10月~2月)

  • 自分を知り、心の動き(関心事)を知り、自分のなかにある社会性を発見する

  • 様々な社会事象に対して、対象に共感し、問題を知覚する

  • 自分の知覚と相手の知覚を相互主観に発展させ、コンセプトをつくる

  • ストーリーテリングにより思いや考えを伝達し、ステークホルダーのサポートを得る

  • 相手の知を引き出し、困難な問題を創造的に解決するためのコラボレーションを実行する

概要「自分で国や社会を変えられると思う」「解決したい社会課題がある」と回答した日本の若者が、他国の3分の1から半数近くにとどまり、途上国、欧米先進国と比べて数字の低さが際立つ調査結果が話題となりました(19年日本財団調べ)。「与えられた問題の解決力は高いのに問いを立てる力が弱い」という声も少なくありません。しかし、能力や意欲が低いのではなく、呼び覚まされていないのではないでしょうか? ダイナモブートキャンプを通じて、社会的問題解決力や起業家精神を呼び起こします。またAI時代だからこそ、人だけが持つ創造知を活かすことが重要です。各分野で活躍するダイナモ人の実践に学び、露木恵美子教授監修の下、村山昇氏(コンセプチュアル思考 著者)等の専門家が講師を務めます。


C:ダイナモメーター 組織向け可視化プログラム ※Webアンケートを活用 自社のダイナモ度を測定し、プリンシプル転換のきっかけを得るための組織診断調査プログラム

  • 自社にダイナモはどのくらい存在するか?

  • 自社のプリンプルは知識創造型か、それとも旧来型か?

  • 自社はダイナモを活かす経営が実践できているか?

概要 いかなる場合でも現状を可視化し、定量的に問題を捉えることが変革の一歩目となります。人は見えないものを共通課題として認識することが苦手だからです。物差しを当てて職場の状態を測ることで経営者と社員間に共通言語を生み出し、プリンシプルを変えるための駆動力をもたらします。


D:KCPCグローバルサミット ※オンライン開催を予定 日本企業の実践をグローバルに発信し、世界を知ることでさらなる経営の進化を目指す 12月上旬開催

  • 世界との対話を通じて日本企業の立ち位置や先進レベルを認識する

概要 世界の経営と対等につながるためには日本発の情報発信が欠かせません。野中郁次郎名誉教授(一橋大学)の手によって知識創造理論を発表されて四半世紀が経過しますが、ますます重要になっているとの声を世界中で耳にします。日本企業と海外の実践知をぶつけ合い、対話する機会を通じて、企業もアカデミアも共に進化する場を目指します。



■ プログラム参加費


A:プリンシプルフォーラム 一社あたり:75万円(消費税別)

 ※経営者3名までご参加いただけます。


B:ダイナモ ブートキャンプ 一社あたり:50万円(消費税別)

 ※社員4名までご参加いただけます。


C:ダイナモメーター 一社あたり:50万円(消費税別)  ※調査数100名を基本とします。(調査数は応相談)


D:KCPCグローバルサミット2022 一社当たり:10万円(消費税別)

※参加数20名(A, B, Cのいずれかに参加の場合には上記費用はかかりません)


A ~ D:すべて参加いただく場合 特別価格:150万円(消費税別)


中小企業、スタートアップは20%割引あり

 

プログラムの詳細はこちらのリーフレットをご参照ください


お問い合せ・お申し込み先:info@kc-principle.org

担当:荻原 直紀・仙石 太郎


閲覧数:409回0件のコメント

最新記事

すべて表示